設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

ねじ溝加工における逃げ溝確保

1-1b

ねじの逃げ溝はねじ切り指示部に対し最後までねじ形状を作れるように逃げ溝を設けておくことが必要です。ねじ径に応じてねじ山のピッチも異なるため、ねじ逃げ溝は随時変更する必要があり、十分な逃げ溝を設けていない場合は加工が不可能になります。

1-1a

ねじピッチに応じたねじの逃げ溝を設定することが重要です。おおむねの目安として、
ねじ山ピッチの1.5倍の逃げ溝を確保することで安定した加工が可能になります。
ねじ山の設計の際は、ピッチに応じたねじの逃げ溝を設定することが重要になります。
逃げ溝が十分でないと図面通りの長さのねじ形状を作ることができません。一般的にねじ山ピッチの1.5倍の逃げ溝を確保することで、加工可能になります。