設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

割り溝形状部品におけるコストダウン

1-2b

割り溝形状に対して公差指示が入っていますが、割り溝形状部は寸法が安定しにくく、公差を実現するには工数が非常に多く掛かってしまい、コストアップの要因となります。

1-2a

割り溝形状部に対しては溝形状の加工前の形状で寸法公差が出ていれば可と指示することで調整の工数を減らすことができ、加工コストダウンにつながります。

割り溝形状は本来嵌め合い部分等において部品に余裕を持たせるサイズの調整ができるように設けられます。割り溝形状の寸法は安定し難いため、部品の仕様上必須でなければ寸法公差の指示を割り溝形状部については外すことで加工コストダウンを実現できます。