設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

内径端面形状の変更によるコストダウン

1-3b

内径穴について、穴の端面がフラットとなる形状で設計されていますが、この形状を加工することは通常の穴加工に加えて特殊な工程が必要になりコストアップの原因となります。

1-3a

内径穴は通常ドリルやボーリングバーといった工具で加工しますが、穴の先端にはドリル先端の形状やボーリングバーでの加工の中心部分の跡が付いてしまいます。部品の仕様上影響のない場合、穴端面の形状を実加工に即した形状に変更することでコストダウンを図ることができます。
内径加工は通常ドリルやボーリングバーといった工具で加工しますが、加工した穴の端面には加工の跡がついてしまいます。穴形状の端面をフラットに設計していると、フラットに加工するために工数が余計に多く掛かってしまいます。図面上に「逃がし可」等の指示を行うことで工数を削減し加工コストダウンを実現できます。