設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

丸物の隅部におけるニゲ形状変更によるコストダウン(ニゲ溝角度変更)

1-4b

丸物部品の隅部にR形状が不可の場合は上図のように逃げ溝を設けることが一般的です。この逃げ溝は多くの場合45°に設定されていますが、丸物の加工時は、45°の角度は加工しにくい形状のため、加工工数が掛かってしまいます。

1-4a

逃げ溝形状の角度は刃物の加工方法の制限を受けるため、適切な角度で指定するか単純に逃げ溝のみの指示をすることで加工における工数削減を実現することが可能になります。逃げ溝のみが必要な場合は上記のような施策を取ることで加工コストダウンを実現することができます。
丸物の旋盤加工を行う際には、隅部における刃物の逃げ溝を考慮する必要があります。上例のように、隅部に逃げ溝を設けても設計指示の仕方によっては加工できなかったり工数が増えてしまうことがあります。部品の仕様上必須でない限り、逃げ溝は「逃げ溝可」の指示にしておくことで加工コストの削減が可能になります