設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

エッジ部分におけるコストダウン(面取り指示の適正化)

1-5b

上記図面において角部に「面取り不可」の指示がありますが、「面取り不可」の図面指示の場合はシャープエッジ形状になるという解釈が可能になり、打ち合わせの必要が生じます。

1-5a

「面取り不可」のような指示ではなく、部品機能上許される範囲の図面指示を数値ベースで指定します。加工方法の選択が可能になりコストダウンに繋がります。
一般に「面取り不可」の設計指示がある場合、加工現場ではシャープエッジの指示と読み取ります。しかし多くの場合、大きなテーパが付くことを避けるために指示されている場合が多く、その場合は「C0.05以下」のように具体的な数値指示とすることで、シャープエッジに加工する必要がなくなりコストダウンとなります。