設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

パイプ材にメクラ栓加工をする場合の位置決め簡素化方法

1-6b

上記図面のようなパイプ材にメクラ栓加工を行う場合、栓部分の部品の位置決めが難しく溶接を行う際に位置決めのために加工時間が多く掛かってしまいます。

1-6a

パイプ材の形状を一部加工し、栓とパイプの位置決め性を向上させることが可能になります。溶接を行う際も栓部分が動かないため、安定した加工が可能で囲う時間の短縮に繋がります。
パイプ材にメクラ加工を行う場合、単純にパイプ材に栓を入れる場合は位置決めが難しくなります。このような場合はパイプの一部分を切除するような設計にすることで位置決め精度を向上させることが可能で、加工時間の短縮になり、コストダウンにつながります。