設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

ローレット加工部における設計指示によるコストダウン

1-7b

ローレット形状を持つ部品において、一般に表面処理と同じく外装部品に用いるようなローレット形状は専門の加工設備に限られます。そのため単純なローレット加工指示がある場合は加工コストや納期が増大する要因となります。

1-7a

外装部品以外の、滑り止め等を目的としたローレット形状はローレット加工機以外の加工機でも加工が可能です。そのためローレット形状が必要な部品は、その部品用途が外装用か、あるいは滑り止め等を目的とした内蔵部品かを明示することで、加工コストダウンが可能になります。
ローレット加工は通常のNC加工機で加工する方法と専用のローレット加工機で加工する方法がありますが、ローレット形状にする目的が滑り止めの場合はNC加工機によるローレット加工を指定することでコストダウンを実現することができます。