設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

丸物部品の設計変更によるコストダウン

1-8b

長物形状部品の加工時は旋盤に固定する際に、チャッキング側の反対側から「センター押し」を行う必要があります。そのため長物形状部品の端部にはセンターと接する穴形状部が必要になりますが、図面上にこの形状が設けられていないケースが多く、設計者への確認が都度必要になります。

1-8a

図面設計時に、センター穴形状を設けるか、「センター穴可」の指示を図面上に行っておくことで問い合わせ等のための時間を減らすことができ、加工効率の向上に繋がります。加工のリードタイムを削減することができ加工コストダウンに繋がります。
長尺部品は旋盤上に固定する際に安定のためにチャッキング側と反対方向をセンター押ししますが、このための形状が設計上設けられていないことが多く確認の手間が発生します。図面上に「センター穴可」の表記があれば確認のやり取りを行わずに加工することができ、コストダウンにつながります。