設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

V溝形状の変更によるコストダウン

2-1b

上図のようなV溝形状は加工に工数が掛かり、また工具折損が起こり易くなります。そのため工数、加工時間が掛かってしまいコストアップの要因となります。

2-1a

V溝形状のテーパー部分のみが必要な場合、溝の底に逃がしを設けることでコストダウンが可能になります。必要な工具数が減り、段取り時間を削減、加工コストダウンを実現することができます。
V溝形状は工具の折損が起こり易く、コストアップにつながり易い形状です。そのため、設計段階からV溝の先端に逃がしを設けた設計とすることで加工コストダウンを図ることができます。