設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

タップ径の変更によるコストダウン

2-5b

上記図面においてはタップの径がコンマ以下の径にて指定されていますが、通常コンマ以下のタップ径は存在しないため特注の工具を用意する必要があります。

2-5a

タップの径を設計変更し、一般的な規格に応じたタップ径にて設計指示することで不必要な加工をコストダウンすることが可能になります。
高精度複雑形状部品においては、設計時に特殊な径のタップ加工を図面上で指示している場合がありますが、タップには規格があり規格以外の加工はコスト高になってしまいます。タップの規格にあった径にて設計することでコストダウンを実現できます。