設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

3面に掛かる寸法公差の変更によるコストダウン

3-1b

1つの加工面を基準として、多数の面に公差指示が入っている場合、加工寸法の誤差が累積していくため、精度を出すことが困難になります。特に斜め面の加工は特に精度が出しにくい形状であり、加工、検査を含めたトータルコストアップの原因となります。

3-1a

公差指示を緩める、もしくは基準面を別の位置に取ることで部品の高精度加工が可能になります。
多数の加工面に同時に公差指示がある場合、加工による誤差は累積で増えていくため高精度の加工は困難になります。このような場合は公差指示を緩めたり、別の基準面を設けることで加工コストダウンが可能になります。