設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

刻線溝形状変更によるコストダウン事例(位置決め精度向上)

3-2b

リング形状など、位置決めが行いにくい部品は高精度の加工を行うために専用の治具等が必要になります。

3-2a

位置決めが行いにくく、加工コストが高くなるような部品は複合加工機による加工を選択することで工程短縮によるコストダウンを実現できます。また部品の掴み替えなどがないため、同時に高精度化を達成できます。
位置決めが行いにくいような部品は、複合加工機による加工を選択することで高精度化と同時に加工コストダウンが可能になります。設計時には複合加工機に適した形状を知っておくことでより大きなVA効果を得ることができます。