設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

形状変更によるコストダウン事例

3-3b

上図のように端面形状がフラット形状に設計されている場合、機械上での加工可能な方向が限定されてしまいます。また深堀り加工となり工具の折損が発生し易くなるためコストアップの原因となってしまいます。

3-3a

端面形状を変更することで、工具選択と加工方向の自由度を上げることができます。上記ではエンドミルによる水平方向からの加工が可能になり、大幅なコストダウンを実現できます。
溝可工において端面形状がフラットとなっている場合は加工方向が限定されてしまいます。端面の形状を加工に適した形状に変更することで、他方向からの加工が可能になりVA、加工コストダウンを実現することができます。