設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

放電加工から切削加工への変更によるコストダウン(R形状変更)

3-4b

上図のように部品に掘り込み形状があり、かつ底面形状がフラット形状である場合は放電加工による加工を行う必要があります。加工時間が掛かりまた放電加工のための専用具を製作することになりコストアップの原因となります。

3-4a

掘り込み形状の変更を行うことで切削加工での加工を行うことが可能になり、工程短縮が可能になります。工程を減らすことでコストダウンが可能になります。
切削による加工は基本的にR形状がつき易く、フラット形状を加工するには放電加工が必要な場合が多くなります。設計段階からあらかじめ隅部等にRをつけた形状としておくことで、放電加工を行う必要がなくなり、加工コストダウンが可能になります。