設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

形状変更によるコストダウン(R形状簡略化)

3-6b

ピン等の頭部分には一般的にR形状がつけられますが、上記のような頭部分が丸形状でないピン部品において、R形状がつけられている場合、複数の加工工程が必要になるため通常の丸型の頭のピンよりも大幅に加工コストが高くなってしまいます。

3-6a

必要のないR形状等については形状を変更することで、工程時間の削減が可能になります。
形状が円でなく、Rがついている部品はフライス加工を行う必要があります。上図のような丸物部品であれば形状を丸物の加工に適した形状に変更することで、VA、加工コストダウンを実現することが可能になります。