設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

キー溝部分の設計変更によるコストダウン

4-1b

上図のように内面にキー溝が存在する部品において、内面の一部に溝が入っている場合はフライス加工を行う必要があり工程数が増加、フライス加工の加工分のコストアップの原因となってしまいます。

4-1a

キー溝を内面での貫通形状に設計することで、ワイヤーカットでの加工が可能になります。フライス加工からワイヤーカット加工に加工方法を変更することで加工コストダウンが可能になります。
キー溝の設計時において、部品の縦方向の一部分にのみ溝が設けられている場合は、フライス加工による加工になりコスト高になります。溝形状を部品を貫通した形状に設計すると、ワイヤーカット加工が可能になり、切削加工と比較してVA、加工コストダウンにつながります。