設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

穴位置変更によるコストダウン(バリ取り不要、ドリル使用)

5-4b

上記図面上では穴位置がちょうど段差部分に位置しており、破れ等を誘発するためドリルでの加工が困難です。またバリも発生しやすく工程時間増大、コストアップの要因となってしまいます。

5-4a

段差部分に穴が存在するような部品は、段差部分を避けて穴を配置することでドリルの使用が可能になります。また穴加工時にバリが発生し難くなるため、後加工の簡略化が同時に可能になり、コストダウンを実現することができます。
段差部分等は加工によるバリや変形が発生し易く、できる限り加工を避けた方がよい形状になります。特に穴形状等は段差部分を避けて設計することで、バリや変形の発生を抑える事ができ、VA、トータルコストダウンを実現することができます。