設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

材料の変更によるコストダウン事例(加工精度安定)

6-1b

代表的なCrステンレス鋼であるSUS410は耐食性等に優れた材料ですが、加工時に歪みが生じ易い材料です。特に1000分台の高精度が求められる部品においては加工時の歪みを調整し、図面要求精度を実現するために工数が多数掛かり加工コストが高くなってしまいます。

6-1a

材料をSUS410へと変更することで加工コストダウンが可能になります。SUS410は403とほぼ似通った性質を持っていますがより加工時に安定するように調整された材料です。高精度部品においても加工時の歪み等が発生し難く加工コストダウンを実現できます。
同じステンレス材でも材種によって加工性が大きく異なり、同じ精度の同形状部品でも材種によって加工コストが大きく違ってきます。設計したい形状、精度に最適な材料を選定することでVA、トータルコストダウンが実現できます。