設計者が知っておくべき機械加工におけるVA・VEコストダウン

角材から丸材への変更によるコストダウン(工程短縮)

6-2b

角物部品の材料指定において、角材の指定を行うと通常はフライス加工での加工になります。加工時間、段取り時間が増加し加工コストアップの要因となってしまいます。

6-2a

材料に丸材を指定することで5面加工機での加工が可能になります。多数個の部品でも連続して加工することができ、加工コストダウンを実現することができます。
一般に角物部品を設計する際は、その完成形のイメージから角材の使用を指定されることが多くなりますが、角材はフライス加工が前提となりコスト高になります。丸材からの角物部品の削り出しを考えることで、複合加工機等を用いることができ、VA、加工コストダウンにつながります。