設計技術者に求められる加工技術知識の重要性

数ミクロンから数十ミクロンの加工精度を求められ精密加工においては、設計段階からのVA・VEが極めて重要となってきます。如何に「加工の工数を削減できるか」、「品質の精度を如何に容易に出すことができるか」などは設計段階で決まります。そのため、製品のコストは設計段階で80%が決定すると言われているのです。

設計段階での代表的なコストダウン手法は加工工数の削減や品質を実現するための工程設計になります。数ミクロンから数十ミクロンの精度を必要とする精密加工では、設計段階での工夫することで部品を加工する際のコストを決定するのです。 設計段階でコストの70~80%が決定!
調達段階での代表的なコストダウンは、①部品の仕入先への価格協力、②相見積もりによる価格比較からのコストダウン等が挙げられます。ただし、精密加工においては、こうした調達段階でのコストダウンには限界があります。そのため、設計段階からのコストダウンこそ、より重視すべきポイントであるといえます。
生産現場では設計者が描いた図面に従って部品を加工していきます。仕様を満たすために、最適な加工方法を選択し、少ない工数で求める品質と形状に仕上げていきます。生産現場でのコストダウンは工数の削減などの現場のカイゼンが中心となります。
生産プロセスの川上に位置する設計段階の図面によって、調達は材料調達、生産現場は部品を加工します。製品コストは設計段階で70~80%が決定すると言われ、製品のコストダウンは設計段階が最も重要といえるのです。