機械加工における加工法とそのポイント

設計者に求められる加工知識とは、部品の形状をいかに作り出すか、そしてそれら部品をどのように組み合わせて1つの機械に組み上げるか、ということです。設計段階でのコストダウンを行う場合には設計者がしっかりとした加工知識を知っている必要があります。下記に一般的な加工法を示します。

旋盤加工は材料を回転させながら、バイトと呼ばれる工具を押し付けて切削する一般的な加工方法です。加工形状は基本的に丸形状となります。 フライス加工は工具を回転させ、主に平面を切削する加工方法です。工具とそれを支える治具の組み合わせ、そして切削回転方向を変えることにより、平面の加工だけでなく段差を掘ったり溝を掘ったりすることが可能です。複合加工機では旋盤加工とフライス加工を同じ機械で行えます。ワークのつかみ換えがないため、リードタイムを短縮することができ、ワークの高精度化にも繋がります。 研削加工とは砥石、または材料を回転させ、材料を削って加工する加工方法です。切削加工よりも高精度の加工を必要とする際に用いられることが多い加工法です。 放電加工とは電極(主に銅材料)に電流を流し、金属材料の表面との間に放電を起こし、形状を作っていく加工方法です。切削や研削で加工できない形状を作ることができ、複雑形状部品等によく用いられる加工法です。